エックスサーバーでエックスドメインを使う方法

エックスサーバーエックスドメインの運営会社は同じなので、連携させるのもとても楽です。が、

申し込み方によっては少し作業が必要になりますので、その辺の説明をしていきます。

エックスサーバーで独自ドメインを使用する前にやっておかなければならないこと

独自ドメインをエックスサーバーから申し込んだ場合はすでに設定済みだと思いますが、Xドメインで直接ドメインを取得した場合、『ネームサーバー』アドレスがXドメインのものになっています

 

そのままだとXサーバーではURLを入力してもホームページが表示されないので、まずはネームサーバーの書き換えをしておきましょう。

 

 

ネームサーバーをXサーバーのものに変更する

Xドメインの管理パネルで『ドメイン一覧』をクリックします。※Xサーバーではありません。

xdomain-server08

 

SSL化したいドメインの『ドメイン管理』をクリックします。

xdomain-server09

 

ドメイン管理メニューが表示されるので、『ネームサーバーの確認・変更』をクリックします。

xdomain-server11

 

エックスドメインから取得した場合はエックスドメインのネームサーバーになっていますので、エックスサーバーのネームサーバーに変更します。

ネームサーバーを変更する』をクリックします。

xdomain-server12

 

利用サービスのプルダウンメニューを開き(クリックすると展開します)、『エックスサーバー』を選択(クリック)します。

xdomain-server13

 

エックスサーバーになっているのを確認したら、『ネームサーバーの変更(確定)』をクリックします。

xdomain-server14

 

これでネームサーバーの書き換えが完了しました。

xdomain-server15

 

Xサーバー以外のサーバーを利用している場合、ネームサーバーを直接書き込むことで書き換えることができます。ネームサーバーのアドレスは、ご利用サーバーのマニュアルなどで確認してください。

 

 

 

エックスサーバーでドメイン設定をする

エックスサーバーサーバーパネルから『ドメイン』⇒『ドメイン設定』をクリックします。

xdomain-server01

 

ドメイン設定の追加』タブをクリックし、『ドメイン名』に取得済みのドメイン名を入力します。

※ドメイン名は『 .com 』や『 .net 』など、全てを入力するようにしてください。

無料独自SSLを利用する』にはチェックを入れておいてください。

ドメイン設定の追加(確認)』をクリックすると、確認画面が表示されます。

xdomain-server02

 

ドメインに間違いがなければ、『ドメイン設定の追加(確定)』をクリックします。

xdomain-server03

 

これで、独自ドメインの追加とSSL化が完了しました。

xdomain-server20

 

この時、無料独自SSLの設定に失敗しましたとエラーが出る場合があります。

xdomain-server04

その場合の対処法は『DNSレコードの書き換え』の次に記載してありますので、まずは『DNSレコードの書き換え』を済ませておいて下さい。

 

 

 

DNSレコードをXサーバーのものに書き換える

書き換えるというよりは『追加する』というものだが、このDNSレコードというものも加えておかなければホームページは表示されない。

 

まず、Xドメインの管理パネルから対象ドメイン横にある『ドメイン管理』をクリック

xdomain-server09

 

DNSレコードの編集』をクリック

xdomain-server10

 

新規レコードを追加する』をクリック

xdomain-server23

 

DNSレコードの追加画面になるので、Xサーバーに記載されているDNSサーバー情報を書き込みます。

DNSレコードは全部で4つあるので、全て追加するようにしてください。

xdomain-server24

 

XサーバーでDNSレコードを調べる方法

XサーバーサーバーパネルTOPから『ドメイン』⇒『DNSレコード設定』をクリック

xdomain-server25

 

対象となるドメイン右の『選択する』をクリック

xdomain-server26

 

DNSレコードの一覧』をクリックすると一覧が表示されます。

xdomain-server27

 

DNSレコードの入力方法

XサーバーのDNS設定で見た値をXドメインで入力してみました。

xdomain-server28

DNSレコードを入力』⇒『レコード追加(確認)』⇒『レコード追加(確定)』⇒『続けて追加する』を4回繰り返す

 

まとめ

【ホスト名】

1つ目と2つ目はホスト名に何も入力しません。

3つ目には『 www 』と入力

4つ目には『 * 』を入力

 

【タイプ(種別)】

1つ目は『MX(メール)』を選択

2,3,4つ目は『A(IPアドレス)』のまま

 

【内容(コンテンツ)】

1つ目はドメイン『 *****.com 』を入力( ***** はあなたのドメインに置き換えてください。)

2,3,4つ目は『18*.***.**.*3』← IPアドレス

 

【優先度】

4つとも何もしなくて大丈夫です。

 

 

4つのDNSレコード追加後、下記のようになっていればOKです。(下記はXドメインの画面)

xdomain-server29

 

 

 

SSL化に失敗してしまった場合の対処法

独自ドメイン追加時にこのようなエラーメッセージが出る場合があります。

原因はネームサーバーがXサーバー以外のアドレスになっている場合がほとんどですので、まずはこのページ上部に記載している、【ネームサーバーをXサーバーのものに変更する】を済ませてから再度SSL化の設定をしてください。※上記リンクをクリックするとページ上へ戻ります。

xdomain-server04

 

ネームサーバーの書き換えをしたにも関わらず上記のようなエラーメッセージが出た場合は、設定変更がまだ反映されていないだけですので、少し時間をおいて(最大で24時間程度)から下記の『SSL設定をする』にお進みください。

 

SSL設定をする

Xサーバーの『サーバーパネル』から『ドメイン』⇒『SSL設定』をクリックします。

xdomain-server05

 

独自SSL設定の追加』タブをクリックし、『独自SSL設定を追加する(確定)』をクリックします。

xdomain-server06

 

SSLの新規取得申請と出ます。

このまましばらく(1-2分程度)待っていると、取得が完了して画面が切り替わります。

xdomain-server07

 

画面が切り替わりました。

これでSSL化が完了です。

SSL化が反映されるには時間が掛かりますので、少し時間をおいてから確認してください。

xdomain-server17

 

 

SSL化されたURLを確認する方法

SSL化されたURLを確認するには、Xサーバーのサーバーパネルから『ドメイン』⇒『SSL設定』をクリックします。

xdomain-server05

 

設定対象ドメインの一覧が表示されます。

確認したいドメインの『SSL用アドレス』に書かれてあるURLがSSL化された新しいURLになります。

xdomain-server18

 

設定の反映が終わるまでは、URLにアクセスしても『無効なURLです。』と表示されてしまいます。

その場合はもう少し時間をおいてアクセスしてみましょう。

xdomain-server19

 

 

時間をおいてからSSL化されたURLにアクセスしてみると・・・

xdomain-server21

 

まだホームページをアップロードしていないのでサイトは表示されませんが、Xサーバーのエラーページが表示されました。

xdomain-server22

 

あとはFTPソフトを使ってホームページをアップロードしたり、簡単インストールでワードプレスなどをインストールすればOKです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA