FTPソフトの設定(エックスサーバー×FFFTP)

FFFTPソフトといえば、FTP転送クライアントソフトの定番ですが、今回は『FFFTPソフト』を使ってXサーバーのサーバーへアップロードするための初期設定についてご説明します。

パソコンから直接サーバーへアップロードしたい!

FTPソフトの使い方が分からない!

という方はご覧ください。

FFFTPソフトをダウンロードする

まずは『窓の社』という様々なソフトを探すことのできるサイトへアクセスします。

私のように64bit版のOSを使っている人は下の方のバナーをクリックします。

通常は32bit版を使っていると思うので、32bit版を使っている方や、よく分からない方は上のバナーをクリックしてください。

ダウンロードはこちら

窓の社からダウンロードをクリックする

 

バナーをクリックすると、自動でダウンロードが始まります。

しばらく待ってもダウンロードが始まらない場合は、ファイル名をクリックするとダウンロードが始まります。

ffftp02

 

ダウンロードが終わると、ダウンロード先に下記のようなアイコンが現れます。(左が64bit用で右が通常の32bit用)。

ffftp03

 

 

 

FFFTPソフトをインストールする

出てきたアイコンをダブルクリックするとインストールが始まります。

もしこのような『ユーザーアカウント制御』が出てきたら『はい』をクリックしてください。

ffftp04

 

次へ(N)』をクリックします。

ffftp05

 

ソフトについての説明などが出てきますので、『次へ(N)』をクリックします。

ffftp06

 

インストール先が出てきます。

通常はそのままでいいですが、インストール先を別ドライブなどにしている場合は『参照』をクリックしてインストール先を選択してください。

次へ(N)』をクリックします。

ffftp07

 

指定したフォルダがない場合、下記のような『作成していいですか?』という画面が出てくるので『はい(Y)』をクリックします。

ffftp08

 

次へ(N)』をクリックする前に『デスクトップ上にショートカットを作成する』にチェックを入れておくと、インストールが終わった際にデスクトップ上にFFFTPソフトを起動するためのショートカットアイコンが出てきます。

次回からの起動が楽ですので、チェックを入れておくことをおすすめします。※ショートカットアイコンはいつでも削除できます。

ffftp09

 

インストールが完了しました。

『完了』をクリックして画面を閉じてください。

ffftp10

 

以上で、FFFTPソフトのインストール作業が完了です。

 

 

 

FFFTPソフトにXサーバーのアカウント情報を設定する

デスクトップのアイコンをダブルクリックしてFFFTPソフトを起動します。

ffftp11

 

アイコンを作成していない場合は、Windowsの『スタート』⇒『すべてのプログラム』⇒『FFFTP』⇒『FFFTPのアイコン』をクリックすると起動します。

ffftp12

 

初めて起動したときは何も設定していませんので、ホスト一覧は空です。

新規ホスト』をクリックしてください。

ffftp13

 

ホストの設定画面が出てくるので、XサーバーのFTP設定情報を記入します。

ffftp14

 

XサーバーのサーバーパネルTOPから『FTP』⇒『FTPアカウント設定』をクリックします。

ffftp15

 

それぞれのドメインで設定できますが、ここではTOPのアカウント(Xサーバー契約時に作成したIDが入ったドメイン「●●●.xsrv.jp」)の『選択する』をクリックします。

ffftp16

 

FTPアカウント設定でFTP情報が出てくるので、FFFTPソフトのホスト設定に記入します。

ffftp17

 

ffftp18

は自分が分かればいいので、今回はXサーバーと入力しておきます。

にはサーバーのホスト名を

にはXサーバーのユーザー名を

にはサーバーパスワードを入力(アカウント作成時にXサーバーよりメールに記載されているサーバーパスワードもしくは自身で変更したパスワード)※インフォパネルのパスワードではないのでご注意ください。

はパソコン上のどのフォルダをFTP接続時に表示させるかを決めます。Xサーバー専用のフォルダを作っておいて、そのフォルダに設定しておけば後の作業が楽になります。

はサーバー上のどのディレクトリ(サーバー上のフォルダのこと)にするかですが、空欄のままにして置いてください。

 

設定が終われば『OK』をクリックします。

 

先ほど空白だった部分に『Xサーバー』というホストが表示されました。

接続』をクリックしてみましょう。

ffftp19

 

一番初めに接続した時は下記のような『この証明書を信頼して通信を続行するには「はい」を選択してください』と出ますので、『はい』をクリックします。

ffftp20

 

続いて暗号化状態の保存を尋ねてきますので、こちらも『はい』をクリックします。

ffftp21

 

サーバーに接続されました。

ウインドウが左と右の2つありますが、

左側がパソコン上

右側がサーバー上

と分かれていますので覚えておいてください。

ffftp22

 

無事、FFFTPソフトを使ってサーバーに接続することができましたね。

 

 

 

FFFTPソフトを使ってファイルをアップロードする

サーバーへのファイルのアップロード方法はドロップ&ドラッグでできます。

ドラッグ&ドロップとは、マウスの左ボタン(クリックやダブルクリックするボタン)を押したまま移動させたいファイルと移動させたい場所まで持っていき、その上で指を離す動作のことを言います。

 

今回は例として、(***.net)へファイルをアップロードしてみます。

アップロードしたいディレクトリをダブルクリックします。

ffftp23

 

には開いたドメインが表示されています。

ホームページのデータはの『public_html』へアップロードしますので、『public_html』をダブルクリックして開きます。

ffftp24

 

サーバーにアップロードしたいファイルを左のホスト側(パソコン側)からサーバー側へドラッグ&ドロップします。今回は『 css 』というフォルダをアップロードしました。

ffftp25

 

一つずつファイルがアップロードされていきます。

ffftp26

 

アップロードが終わると、サーバー上には今までなかった『 css 』というディレクトリが増えています。

正常にアップロードできると、左下に『ファイル一覧の取得は正常終了しました』と表示されます。

ffftp27

 

同じ要領で、サーバーにアップロードしたいファイルを全てアップロードします。

ffftp28

 

全てのデータをアップロード後、サイトにアクセスしてみると、ほ~ら、ちゃんと表示されました。

めでたしめでたし。

ffftp29

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA