【キーワードプランナー】CSVファイルの文字化けを直す方法

アフィリエイトをしている人にとって、Googleキーワードプランナーは必須だと思いますし、実際に多くの方が使っていると思います。

ダウンロードしたファイルが文字化けして読めない!!

たまにそんなお声をいただくので、今回は『文字化けを修復』して普通に見ることができるようにするカンタンな方法をお届けします。

Googleキーワードプランナーでのリサーチ結果をダウンロード

まずはリサーチ結果をダウンロードします。

ダウンロード】をクリックします。

キーワードファイルをダウンロード

 

新しく画面が出てくるので、【ファイル形式】の【Excel用CSV】にチェックを入れて【ダウンロード】をクリックします。
※ダウンロードするファイル形式はAdWords Editor用の方でも構いません。

チェックを入れてダウンロードをする

 

ダウンロードするファイルを作成しています。

キーワードファイルを作成中

 

ファイルが出来上がったら下記のような画面に変わるので、【ファイルを保存】をクリックしてデスクトップなどお好きな場所へ保存してください。

ファイルを保存をクリック

 

このようなファイルがパソコン上に保存されていると思います。

保存時に名前を変更していなければ、『Keyword Planner+日付時刻』がファイルの名前になっていると思います。

キーワードプランナーからダウンロードしたファイル

 

 

 

 

キーワードプランナーの文字化けしたCSVファイルを開く

先ほどダウンロードしたCSVファイルを開いてみます。

 

 

ファイルを開くと、キーワードが書かれている列の2バイト文字(ひらがなや漢字など)がよく分からない文字になっています。ローマ字や半角の数字はそのまま表示されているのですが、全角入力になる文字は全て文字化けを起こしてしまっています。

このままでは使い物にならないので、普通に開いても文字化けせずに見られるようにしていきましょう。方法はとってもカンタンです♪

文字化けしたCSVファイル

 

 

 

文字化けしたCSVファイルを普通に見れるように修正する

何だか『修正』や『修復』と聞くだけでとても難しいようなことをしないといけないような気持ちになると思いますが、ほんの数クリックするだけなのでとってもカンタンです。

 

まずは、【文字化けを起こしているCSVファイルにカーソルを合わせて右クリック】します。

そして、メニューにある【SAKURAで開く】をクリックします。

右クリック⇒SAKURAで開く

 

 

 

サクラエディタで開くと、こんな感じに開きます。

どこも文字化けしていませんよね~

SAKURAエディタで開いたら・・・文字化けしていない!!

 

次に、【名前をつけて保存(紫色のフロッピディスクのアイコン)】をクリックします。

名前をつけて保存をクリック

 

保存画面が出ますが、まだ保存せずに【文字コードセット】を見てください。

Unicode】になっているので、【SJIS】に変更してから【保存】してください。

文字コードを変更してから保存

 

上書きするかしないかの確認画面が出てくるので、【はい】をクリックして上書き保存します。

はいを押して上書き保存をします。

 

保存したファイルの見た目には何の変化もありませんが、先ほどと同じようにCSVエディタで開きます。

キーワードプランナーからダウンロードしたファイル

 

すると、なんてことでしょう。

文字化けしていて読めなかったキーワードがちゃんと表示されているではありませんか!!

文字化けしていた文字が正常に表示されるようになった

 

これで、次回からはそのまま開いても文字化けしていないキーワードを見ることができるようになりました♪

 

どうでしたか?

カンタンでしたよね~^^

 

 

 

まとめ

以前からずっと記事にしようかと思っていたのですが、何かと忙しくてようやく記事にすることができました。

今回の記事があなたのお役に立つことを願って^^

 

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA