エックスサーバーにワードプレスをインストールする方法

Xサーバーにはワードプレスの自動インストールという機能が搭載されています。

 

FTPソフトを使ったワードプレスのインストールは初心者には難しいので、

エックスサーバーに標準装備されている「自動インストール」機能を使ってインストールしましょう。

 

ワードプレスの自動インストール

エックスサーバーの管理画面へへログイン後、

まずは「インフォパネル」から「サーバーパネル」へ移動します。

エックスサーバーの管理画面からサーバーパネルへ移動する。

 


 

サーバーパネル」へ移動したら、

ホームページ」内にある「自動インストール」をクリックします。

自動インストールをクリックする

 


 

の「自動インストール」が反転されていると思います。

 

では、

ワードプレスをインストールしたいドメインの「選択する」をクリックします。

ワードプレスをインストールしたいドメインを選択する

 


 

インストール済みのプログラム一覧」が表示されますが、

初めての方は下記のように「******ドメインには自動インストールされたスクリプトがありません。」と表示されていると思います。

ここでは「プログラムのインストール」をクリックします。

ドメインには自動インストールされたスクリプトがありません。

 


 

プログラムのインストール」が表示されるので、

WordPress日本語版」の「インストール設定」をクリックします。

プログラムのインストールでインストール設定をクリックする

 


 

必要事項を入力し、「インストール(確認)」をクリックします。

必要事項を入力して、インストール(確認)をクリックする

 

[入力項目の説明]

インストールURL:ワードプレスをインストールしたいURL(ドメイン)をプルダウンメニューより選択します。

サブドメインにインストールしたい場合は右側の空白欄に記入してください。(例:blog 等)

ブログ名:新しく解説するワードプレスのサイトタイトルを入力します。(後で変更可能)

ユーザー名:ワードプレスの管理画面に入るためのユーザー名を入力します。(ここで入力した文字列をワードプレス管理画面のログイン時に使用します。)

パスワード:ワードプレスの管理画面へログインする際のパスワードを決めて入力してください。

メールアドレス:あなたのメールアドレスを入力します。(もしユーザー名やパスワードを忘れてしまった際は、ここで入力したメールアドレスを使ってパスワードの初期化などを行います。)

データベース:基本的には「自動でデータベースを生成する」にチェックを入れておけばいいです。(もしデータベース名を入れたい場合は先にデータベースを作成しておいてください。)

 


 

先ほど入力した項目と、生成されたデータベース名、パスワードなどが表示されます。

問題がなければ「インストール(確定)」ボタンをクリックします。

※ご注意※
インストールを行うと、インストール先にある「index.html」が書き換えられてしまいますので、もしサーバー上へアップロードしている場合はバックアップを取ってください。何も使用していなければこのまま進めて大丈夫です。

ワードプレスのインストールを確定する

 


 

これでインストールが完了しました。

IDやパスワードなどが表示されますので、
メモ帳などに控えて画面を閉じてください。

自動インストールの完了

 

以上でエックスサーバーへ自動インストール機能を使ってワードプレスをインストールすることができました。

 

お疲れ様でした。

 

 

“エックスサーバーにワードプレスをインストールする方法” への2件のフィードバック

  1. hiro より:

    かじさん、
    こんばんはhiroです^^
    Wordpress苦手意識が強かったのですが・・
    Xサーバーの自動インストールで、
    思っていたよりスムーズに
    出来る様になり助かっています^^
    応援ポチして帰りますね!

    • かじさん より:

      hiroさん
      コメントありがとうございます。

      特に難しい設定をすることもなく、簡単にインストールできる機能があるのはとてもありがたいことですよね。
      Xサーバーの他の項目も載せていますので、参考になれば幸いです^^

      今後とも、よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA